冬の肌荒れ対策のポイント

 

気温も低く、湿度も低い
外は空気も乾燥し、室内は暖房で乾燥しがち
そして、寒さのせいで血行不良になりやすい
お肌が乾燥する条件がそろっています。

 

続きを読む

脳は心地よさを求める

 

 

脳は「心地よさ」を求めるそうです。
「気持ちがいいなぁ」「気分が良い」という記憶は残り、好感を抱く。
『初めてエステサロンへ行った人の7割以上が「また行きたい」と答える』というアンケート結果も脳がそうさせていることになります。
美肌や美容のためにエステサロンに通う人が多いように思われています。
しかし、実際はリラグゼーション目的の人もかなり多いと感じます。

 

続きを読む

冬の乾燥肌の改善方法

 

肌の乾燥はシワの原因にもなります。

この時期は乾燥対策が大切!

 

 

乾燥肌は放置すると、ダメージを受けやすくなり、また乾燥する・・・・という悪循環に陥ります。

そうなると肌が通常の状態に戻るにも時間がかかります。

 

そして、しわやたるみへとつながります。

 

 

続きを読む

冬の乾燥対策に大事なこと

 

 

乾燥が気になる季節です。

 

乾燥対策は自分に合った方法で実践されていると思います。

 

 

 

ケア方法はそれぞれですが、

 

・新陳代謝を正常に近づけるために血液循環を促す

・古い溜まった角質を肌に負担無く取り除く

・キメを整えて水分保持力を高める

 

 

この3つが冬の乾燥に必要不可欠になります。

 

 

 

続きを読む

思考が大事 ~「痩せない!」と落ち込む前に

 

年齢とともに新陳代謝が悪くなり痩せにくくなります。

 

病気でなく、年々体重が増えて体型も変わるのは、食べたものや量・運動不足等など原因はきっとあります。

 

 

「食べていないのに痩せない。」

そういう人がいますが、そんなことはありません。

必ず食べています。

 

でも、食べたいものをセーブしてストレスがかかるのも逆に太りやアスクなり、心身の健康にも悪影響です。

 

 

続きを読む

メンテナンスが必要なお年頃を楽しく過ごす。

 


疲れてしんどい時、皆さんはどうされていますか?

人それぞれに「マッサージやエステに行く」「運動する」「ゆっくりとお風呂に入る」・・・・
自分の解消法があると思います。

“疲れた”と感じた時はぎりぎりまで我慢するより、少し手前で体を休めてリフレッシュするのが回復の早道です。

 

 

続きを読む

元気の秘訣

 

「長生きするなら元気でいたい」   

 

殆どの人がそう考えると思います。   

 

 

    『元気』って何でしょうか? 

 

 

  人にはそれぞれの感覚があり、元気の基準も違いますが、「心身共に不都合がない事」が大切だと思います。

 

 

 

続きを読む

血の巡り

 

 

人間の血管の長さは地球2周半

すごい長さです。

 

 

血液は酸素と栄養を体の隅々まで運び、二酸化炭素や老廃物を肝臓や腎臓に運んで体外に排出しています。

 

 

その「血の流れ」が悪くなると体調に悪影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

 血流が悪いのが原因と考えられる症状には

 

・手足の冷え

・肩こり

・腰痛

・頭痛

・高血圧   .......................etc

 

たくさんの症状があります。

 

 

血流をよくする方法はいろんな方法がありますが、規則正しい生活が基本です。

 

しっかりとした睡眠、栄養バランスのとれた食事など、自分の出来ることで血の巡りを良くすることが出来ます。

 

 

 

 

 

冷えやすく、血流が悪い方にはマッサージもおすすめです。

 

頭からつま先までしっかりとマッサージすると「血が巡っている」ということを実感できます。

 

 

 

特に冬の寒い時期には、冷えやすい頭皮や首、肩を念入りにほぐすことでより効果的です。

 

 

心身ともにすっきりとしませんか?

 

 

 


リンク 月桃(TUKIMOMO)メニュー

 

 

 

 

 

「髪」は美しさのキーポイント

 

「美しい女性」とはどんな人ですか?

 

美しいと思うポイントは人によって違い、好みの容姿もあります。

 

 

若い頃は好みの顔形やスタイルで「美しさ」を感じていたと思いますが、段々と年齢を重ねると少し違ってくるように思います。

 

 

 

続きを読む

お肌にハリと艶を取りもどす。

 

 

赤ちゃんのようになめらかで艶やかな肌

 

憧れです。

 

 

年齢があがってくると肌の悩みも増します。

また、若いからと言って肌の悩みがないわけではありません。

 

 

各年代によっても悩みの種類は違います。

 

 

 

 

年代が下がるほど、「にきび」「毛穴の黒ずみ」が上位を占め、年代が上がるほど「ハリ・弾力のなさ」「しわ」が増える。

 

 

そして、どの年代にも共通している悩みが「毛穴のひらき」「シミ」です。

 

 

 

「年だから~」とあきらめる必要はありません。

 

年齢にあった適切なスキンケアでハリと艶を取りもどすことが可能です。

 

 

 

 

 

 

「ほ~っ♡」と思わず声が出てしまう心地よさを感じながら、肌のお手入れをしてみませんか?

 

 

きちんとしたお手入れの後はお肌がぷるぷる、もちもちですかお*m

 

 

 


リンク 月桃(TUKIMOMO)メニュー